-Seminars-

英語絵本の読み聞かせ方 [保護者向けセミナー]

-Seminars-英語絵本の読み聞かせ方 [保護者向けセミナー]

セミナー詳細

英語絵本の効果的な「読み聞かせ方」を教えます

英語の英本を読み聞かせるメリットはたくさんあります。小さい頃から英語に触れることによって、英語に慣れるのが早くなるのはもちろんですが、それ以外にも子供の発育にプラスになる要素がたくさんあります。

1)「英語」が軸となった親子のコミュニケーションのきっかけになる 

2)絵本の絵を見ることにより、感性が豊かになる 

3)色々な英語絵本に触れることで、英語に対する知的好奇心が刺激される 

4)英語の言葉の表現を知ることで、語彙力が育つ 

今回は「バイリンガル子育て」の専門家である、林 智代乃さんをお招きして、英語の絵本を使った効果的な「読み聞かせ方」を学んでいただきます。林さんはオール・イングリッシュの子育てではなく、 日本語メインで子どもの発達を活かし行うバイリンガル子育てを推奨しています。英語力に自信がない保護者の方の方もぜひご参加いただき、お子様をバイリンガルに育てる方法を学んでください。

 

特別講師 林 智代乃 先生   

青山大学女子短期大学英文科卒業後、同短期大学児童教育学科卒業。

「英語」と「子どもの発達」に興味をもち、両方を活かせる職を考えるも多くの子どもの発達を傍で見守れる幼稚園教諭として働く。

幼稚園教諭時代に日本語を話せないインド人の子をクラスで受け持ちバイリンガル保育をする事になった事で「子ども × 英語」への思いが再燃。

子どもの言語習得力にとても興味が湧き、児童英語講師の資格取得や現地幼稚園での研修を受けるなどの為に留学。もっと「子ども × 英語』について知りたく5年勤めた幼稚園を辞め、民間英語学童に就職。

発達について追求していけば行くほど、『全ては繋がっている』と感じ、「この繋がりを活かせば日本語での関わりでも英語力を伸ばす事は出来るはず!」と思うようになる。

ここから日本語で語り掛け、日本語いっぱいの生活を通して『英語を吸収し易いタイプ・アウトプットし易いタイプ』に育てていく関わりを意識して行うようになり、我が子は1歳半で日本語も英語も独力で文章立てて話せるようになり、その後順調に英語力を付けていく。

 

イベント主催者 イムラン   

コペル英会話校長、チーフ・コンテンツ・ディレクター

2003年のコペル英会話開校以来、スクール運営、オンライン・レッスンなどを通して英会話業界に新しい風邪を吹き込む。現在、自身のアプリは45万ダウンロード、YouTubeチャンネルは登録者11万人以上。著書は16冊、教材は多数。

面白いのに、ためになる。ふざけているように見えるのに、言うことはすごく深いなど、YouTubeチャンネルの動画が大人気。現役講師としては最も実績を叩き出している講師の一人。


日時2019年01月13日(日)10:30-12:30(開場:10:15)
対象保護者
〆切開催日前日 *定員に達し次第終了させていただきます
受講費定価 10,000円(税込) → 早割(12/30まで) 5,000円(税込)
会場京進ランゲージアカデミー新宿校 4F(高田馬場駅-徒歩10分、西早稲田駅-徒歩5分)
連絡先imran@imran.jp(ご質問等は直接イムランまでお願いいたします)
PROFILE
イムラン・スィディキ

mixi登録者12万人の英語一日一言執筆
英会話教本を多数執筆。コペル英会話教室 校長