-Seminars-

英語イメージ・リスニング・プログラム

-Seminars-英語イメージ・リスニング・プログラム

セミナー詳細

英語イメージ・リスニング・プログラム(3ヶ月コース)
 
どんなプログラムですか?
3ヶ月で、英語をイメージで捉えて理解できるようになるためのリスニング・プログラムです。
 
母国語はイメージで理解しますよね。「昨日、友達と買い物に行きました。」と言われたら、「友達と買い物に行った」というイメージを持つことができると思います。でも、英語だとI went shopping with my friends.と聞くと、(1) まずは文字を思い浮かべて、(2) 「友達と買い物に行ったのか」と2段階での理解になっている方が多いようです。母国語のように、1段階で直接イメージするのではなく、文字を思い浮かべてから理解するので、理解が1テンポ遅れてしまいます。そして話が2文目、3文目と続いてしまうと、毎回2段階での理解なので、話についていけなくなってしまいます。このプログラムでは、聞いた英語を直接イメージするトレーニングをしてもらい、3ヶ月後には1段階での直接イメージで理解できるようになっていただきます。
 
1テンポ遅れる理由1:中高での学校英語の影響
中高の学校英語でのリスニングというのは、「とりあえず聞こえた単語から内容を推測」するように言われてましたよね。そのため、リスニングの際は、聞き取れた単語を覚えておいて、意味を推測するという「推測リスニング」をしていた方がほとんどだと思います。大人になってからの英語学習でも、同じように「推測リスニング」をしてしまっているのではないでしょうか。「推測リスニング」はテスト対策にはなりますが、実際の会話では、勘違いが起こったり、話についていけなくなってしまうことが多いのです。「推測リスニング」を卒業して、イメージ・リスニングができるようになりましょう。
 
1テンポ遅れる理由2:リスニングの練習を短い英文でしかやらないから
リスニング練習をする時って、ほとんどの方は短い英文を1文だけ聞きます。英語を初めて勉強する方はそれでも良いのですが、半年以上勉強している方は、1文だけの練習だけを繰り返している場合、1文しか聞かないことに慣れてしまいます。そうなると、相手が2文目を話している時に、まだ1文目の内容を考えているので、ついていけなくなってしまうのは当たり前です。このプログラムでは、少し長めの英語を聞いていただくことによって、長い英文や長い話を聞くこと自体に慣れていただきます。
 
英語イメージ・リスニング・プログラムはこの2つの問題を解決し、聞いた英語を直接イメージできるようになってもらうためのプログラムです。こういうイメージです⇩⇩⇩

 
ログラム内
Step 1: 音声ファイルを聴きながら、聞いた内容を直接イメージする練習をしてください
これは今までやっていなかったので、最初はちょっと難しく感じると思いますが、やっていく内に慣れてきて、自然とできるようになっていきます。聞いた英語を直接イメージする回数をとにかく増やしましょう!毎日10-15分で良いので、集中して聞いてください!

 

Step 2: どの程度、理解できていたかを英語のスクリプトで確認しましょう。
ただ聞いているだけよりも、自分がちゃんと理解できていたかを確認する方が、学習効果が高いです。

 

Step 3: 理解度が8割以下だった方は、スクリプトを何度か音読し、スクリプトの英語を自分の中にインプットしてください
声に出して音読する方が、声に出さない場合と比べて、約3倍効率よく頭に入るという研究結果があります。スクリプトはただ眺めるだけではなく、音読してください。いつも見るだけ、聞くだけの勉強をしている方が多いのではないでしょうか。このプログラムではどちらも行い、さらに音読することで、身体(口)も使って英語をインプットすることになります。

 
Step 4: もう一度聞き、前よりも聞けるようになっていることを確認しましょう
一度内容を確認したり、音読をすると内容が頭に入るので、最初よりもはるかにイメージ優位で聞くことができるようになっています。しっかりと「英語の聞き方」が変わっていることを確認してください。
 
音声のレベル感と内容はどんな感じですか?
レベルは初級の方をイメージして作っています。そのため、英単語や英語表現のレベルもヨーロッパの語学レベル基準CEFRの最も低いA1とA2レベルにしてあります。日本の学校英語で言うと、中1、中2程度の単語や英語表現を使っています。
 
内容は日常英会話でネイティブ同士が話すような内容に絞っています。毎日のルーティーンや休暇の話、今度の予定や最近の日常の出来事が中心です。あなたがわかるようになりたいのは、日常英会話ですよね。なので、その日常英会話を直接的に学べる内容になっています。また、その内容に加え、日常英会話をベースにしたストーリーも入れています。
 
まとめ
このプログラムは、耳からのインプットに加え、目からのインプット、そして音読することによって英語を身体で(口を動かして)覚えることになります。今までの学習と比べ何倍もの効果のある学習をすることになります。ぜひご受講ください。なお、今回使う音声は、プログラム終了後もお使いいただけます。
 

 
お申し込みの締め切り
2024年6月30日(日)の20:00
 
プログラム開始
2024年7月1日(月)の17:00に第1回目のメールをお送りします。
 
 
講師 イムラン   
コペル英会話校長、チーフ・コンテンツ・ディレクター
日本一の英語イベント/英語セミナー会社、株式会社ブルーフレイムの代表取締役。自身のアプリは47万ダウンロード、YouTubeチャンネルは登録者12万人以上。著書は20冊、教材多数。英語プロコーチ育成なども手がけている。
現役講師としては最も多角的な事業展開をしており、最も強烈な実績を叩き出している人物。座右の銘は「予定は未定」。
 
日時2024年7月1日スタート
対象誰でも
〆切開催日前日 *定員に達し次第終了させていただきます
受講費定価 上記にてご確認ください。(税込)
会場オンライン
連絡先imran@imran.jp(ご質問等は直接イムランまでお願いいたします)
PROFILE
イムラン・スィディキ

mixi登録者12万人の英語一日一言執筆
英会話教本を多数執筆。コペル英会話教室 校長